なにわの職人がこだわり続けるおせち料理。お客様への「感謝」の気持ちをおせち料理にあらわします!

おせち料理のお重の蓋を開けたときの「感動」と、おせち料理を口に運んだ後の「感激」を演出する事が何よりの喜びです。
職人が一つ一つの厳選素材を精魂込めてお詰めします。
音羽のおせちで新年の幕開けを彩ってください。

おせち料理の意味を知る

おせち料理の品数は地域によって異なりますが、すべて揃えると20から30種類にも及びます。なかでも代表的な三品は「祝い肴三種」といい、この三品(とお餅)が揃えばおせちの形が揃い、お正月が迎えられるとされています。
関東では、黒豆、数の子、田づくり。関西では黒豆、数の子、叩き牛蒡がそれにあたります。

詳細はこちら

安心・安全への取り組み 音羽のおせちは全商品鮮度保護シートを
						採用しています。

当店では冷凍おせちではなく生おせちを提供しております。
鮮度の良いおせちをお客様に提供するために鮮度が落ちない保護シートを採用いたしました。三菱化学フーズ株式会社の鮮度保護シートはワサビの力で食品に発生するカビを防いだり、細菌の繁殖を抑制する抗菌・鮮度保持剤「ワサ・オーロ」(R)を使用しております。

喪中おせち
これまで、おせち料理は喪中の間は控えてこられた風習がありました。
しかしながら、思うのです…
『今は亡き大切な故人を偲び、年の始まりを慈しむ。』
そんな一年の幕開けを音羽はお届けします。

詳細はこちら

おせち料理の意味を知る おせちの「いわれ」 田づくり 叩き牛蒡 数の子 黒豆 海老/くわい 里芋/青蕗煮 金柑の甘煮/昆布巻 紅白なます/子持ち鮎 ちょろぎ/蓮根 伊達巻/紅白蒲鉾 栗きんとん